iroas(イロアス)で日本の義務教育を捨てる!ユダヤの教育を学べ

この記事は8分で読めます

yudaya2

iroas(イロアス)は教育プログラムです。

あなたは日本の義務教育で成功できた方ですか? 成績が伸びなくて困っていませんか?

この記事を読めば、世界の兆万長者民族であるユダヤ人の教育をもっともっと知りたくなります。そして、得た知識をあなたのものとし、日本の崩壊した義務教育の中で、まるで奴隷のように学校に通わさせられている、あなたの子どもたちを救い出すことができるようになります。


日本の成人年齢は何歳なのか

他国の義務教育を考える上で、この成人年齢というのは重要な考え方です。

成人=大人としてみなされるわけですから、経済的自立ができていて、もちろん両親のもとから離れ、社会の中で生きている姿を想像してください。もし、そうでない未来を想像してしまった、もしくは既に20歳過ぎてもわが子が家から離れないというならば、必ず最後まで読んでください。その子は日本の義務教育の被害者です。義務教育が悪いから、こういう結果になってしまったのです。

そんな中、日本は成人年齢を20歳から18歳に引き下げようとしています。

あなたの子どもたちを18歳で経済的に自立させる自信はありますか?

 「成人なのに・・・」という子どもたちの自尊心が傷つく姿を想像しませんか?

18歳でクレジットカードも作れ、急に情報化社会の渦に放り込まれたとき、子どもたちはどうなっていくでしょう。

ただでさえ、今の20代前半詐欺や、悪徳営業の被害にあったり、好きでもない仕事を朝から晩までやらされ、そして過労死や自ら殺めたりという結果を招いています。

jisatsushasuu

 

 

 

 

※厚生労働省データ

これが義務教育の被害者たちの数です。日本は自殺大国なのをご存じでしょうか?世界ワースト6位です。

あなたはこの数値を知ってしまった以上、少なくても自分の知っている子どもたちを殺させないように、ここで得た情報を本気で、必死に情報発信してください。

 

海外の成人年齢、義務教育期間は全然違う

では、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、フィリピン、中国、韓国あたりを比較して見てみましょう。

  成人年齢 義務教育期間
アメリカ 18歳-21歳 12年
イギリス 18歳 12年
ドイツ 18歳 13年
フランス 18歳 11年
フィリピン 18歳 6年
中国 18歳 9年
韓国 19歳 9年
日本 20歳 9年
ユダヤ人 13歳

この表を見ると、「日本だけ成人年齢が20歳!?」ってなんで!?って思いますが、ゆくゆくは18歳になることでしょう。

 

特筆すべきはユダヤ人なのです。

ユダヤ人は13歳で成人し、そこから2~3年で生活費をまかなえるだけの権利収入を手にし、さらにできた時間で富の構築を行います。

なぜ、こんなことが可能なのでしょうか?

ユダヤ人は優れたDNAを持っていて、私たちとはまったく違う人間なのでしょうか?

 

いえ、そんなことはありません。

ユダヤ人といってもひとりの人間であり、卓越した、または人間離れした人種ではありません。

 

では、なぜ私たちとこんなにも富の差ができるのでしょうか。

 

答えは単純です。

「教育に差があるから」です。

ユダヤ人の迫害の歴史はいくらでもその情報を手に入れることはできます。

しかし、現時点でユダヤ人の教育の全てをネット上で学ぶことは絶対にできません。なぜならそれだけ門外不出であり、ユダヤ人である、もしくはユダヤ人と契約した者でなければ、知ることはできないからなのです。

私は生涯保育士であり、子どもたちに最高の教育を提供しなければいけない使命をもっています。

私は、日本国内で唯一、ユダヤ人に認められた教育革命プログラム「iroas(イロアス)に参加していますので、その中でユダヤ人の教育「タルムード」を学んでいます。この教育を学んだからこそ、30代保育士なのに○千万の財を築けたのは、言うまでもありません。

この教育を子どもが学ぶと、まず成績が低迷するなどということはありえません。なぜなら、勉強法がまったくもって日本と違うからです。

そして、将来好きでもない仕事に拘束され殺されるようなこともなく、常にお金を稼ぐプロフェッショナルに変貌を遂げるマインドが出来上がります。

もちろん、大人が学ぶ意味は、自身のためももちろんのこと、子どもたちに教えることで、真の教育革命を日本、世界に広げていくことが、先ほどいった「ユダヤ人に認められた教育革命プログラムiroas(イロアス)」の使命です。

 

「職業」とはなにか

日本人は職業を「作業内容」で区別しますよね?医者、弁護士、パイロットなどの職業のことです。

しかし、ユダヤ人は違います。

ユダヤ人は職業を「収入形態」で区別します。それもたった2種類のみです。

1つは、1回の労力で1回の収入を得る「労働収入」、 もう1つは1回の労力で無限の収入を得る「権利収入」です。

つまり、ユダヤ人からしてみれば、医者だろうが弁護士だろうがパイロットだろうが、それは全て「労働収入」を得ている人と区別しています。

 

さらになぜ、この2種類に分かれているかと言うと、その収入形態により、お金の使い道を明確に区分しているからです。

ユダヤの教育では、(大人から子どもに対して)「労働は他の民族にまかせ、お前は権利収入で生活をしなさい」と教えられます。

つまり、権利収入=安定した収入なので、使い道は生活費に、好きな作業を選んだ労働収入で得たお金は好きな事に使います。

だから、13歳で成人を迎えたユダヤ人は、まず始めに権利収入を得ることに集中し、15~16歳で権利収入だけで最低限の生活をまかなえるようになるのです。

 

日本の義務教育と欠点

ユダヤ人から教わった、日本の義務教育の欠点を伝えます。

日本の勉強方法の一例は、例えば下敷きをかぶせると文字が消えて見える蛍光ペンの活用だとか、美しく色分けして学習意欲があがるノートの取り方だとか、就寝前に勉強して寝ている間に記憶する睡眠学習だとか、はたまた記憶力の高まる午前中に行う早朝学習だとか、倍速で繰り返し聞き流すスピード学習などなど、その方法はさまざまで、数えるとキリがありません。それぞれがそれなりに効果のある学習法なのかもしれませんが、疑問に思うことがあります。

日本人は丁寧で手先が器用な人が多く、世界的にみて、圧倒的にノートのきれいな民族です。日本人の方が、英語が母国語の人たちよりも、英語の文字が達筆なのは有名な話です。

日本人は通勤や通学に電車を利用する人が多く、車社会の欧米に比べ、早朝から学習する人が多いです。

熱心に教科書とにらめっこしている乗客を誰もがみたことあるでしょう。

しかし、日本人は世界的に見て、圧倒的に裕福・・・・ではありません(世界の1人あたりの平均所得額17位)。

はたして本当に、ノートの取り方や学習時間が豊かな将来へ影響するのでしょうか?

結論から言うと、それらの模範的学習方法は豊かな将来へと直結していません。

残念ながら、日本ではいまだ豊かな将来へ直結する革新的な学習方法が確立されていません。そのため、学習迷子に陥り、限りある時間やお金を浪費し続けているのです。

 

これは、誰もがわかっている日本の義務教育の欠点です。

 

では、なぜユダヤでは、世界の頂点にたつほどの効果的な学習方法が確立されたのか。

迫害され続けたユダヤ人。教育こそが財産だ。

日本の教育のような小手先の受験テクニックなんかではなく、ユダヤ人は教育を守ることで5000年の歴史をつないできました。

その教育の基本は「ASTAR アスター学習法」といいます。

A:Attend(参加)、S:Study(学習)、T:Teach(教える)、A:Apply(応用)、R:Review&Report(復習と報告)です。

この5つのステップは必ず守り、習慣化します。

Attend(参加)

とは、明確な目標や目的意識をもって取り組み、教えのすべてを吸収するつもりで傾聴し、課された練習や課題を一生懸命行うということです。例えば、携帯のメールやLINEのやりとりをしながら片手間に勉強する人と、すべての集中を妨げるものを排除し、真剣に勉強する人とでは、どちらが優秀な結果を導けるでしょうか。もちろん、真剣に学ぶ人、つまりアスター学習法における「A」の参加ができている人のことです。

Study(学習)

とは、ユダヤ人はノートの取り方が独特です。日本人の勉強といえば、先生の話や黒板の文字をそのままノートに写していますよね。まるで先生本人が書いたかのように、再現度の高いノートを書く生徒もいます。しかし、そのようなノートの取り方は本当に有効でしょうか? いいえ、一言一句同じ内容のノートが必要なら、先生があらかじめ全員へコピーを配った方が早いですよね? それに人間はコンピュータのように全てを器用にこなすことはできません。先生の話を正確に書くことに集中してしまい、肝心の内容が頭に入りにくい上、何より、そのように書いたノートは自分の人生と無関係な内容になりがちです。あなたは学生時代、たとえば数学や物理などの授業中にノートを取りながら、ふと思ったことはありませんか? 「こんなに必死に書いたって、卒業後は一生読むことはないだろうな。学者になるつもりはないし、自分の将来のなんの役に立つのだろう」と。実際、卒業後にノートを読み返したことがある人は、ほぼいないでしょうし、因数分解や関数などを社会生活で活用している方も少ないでしょう。

では、ユダヤ流ノートの取り方を教えます。

まず、ノートを縦半分に分けます。左側は「あなたのひらめきをメモする欄」です。授業中に心に浮かんだことや思いついたこと、学んだことやアイデアのヒントなど、なにかひらめいたことを自由に書きとめます。そうすることで自分には無関係だとむなしくなることはなく、誰もが自分事として学習できます。なぜなら、ひらめきというのは必ず自分の人生をもとに生まれるものだからです。人間は自分の人生に関わることしかひらめきません。先生の言葉に必ずしもあなたの人生をかえる力はありません。しかし、あなたのひらめきには、必ずあなたの人生をかえる力があります。

そして、右側には「行動を書く欄」です。左側に書いたひらめきや学びから、どのような行動に移せるかを、右側に書いていきます。世の中には想像力や発想力が豊かで、ひらめきに長けた人は大勢います。しかし、そのひらめきは行動にうつしてこそ価値があるのです。これはなにも、義務教育だけのことではなく、社会に出てからも役に立つノートの取り方です。

Teach(教える)

エビングハウスの忘却曲線をご存知ですか? これは、人間はなにかを学んだあとになにもしなければ、48時間以内にその80%を忘れるという研究結果です。実生活を思い返すと、納得できることですよね。

一方で、ウィリアム・グラッサー博士の法則というものがあり、それは知識の蓄積率を調べたものです。

読む=10%、聞く=20%、見る=30%、見る+聞く=50%、討議する=70%、経験する=80%、教える=90%、知識が蓄積されるという研究結果です。

教える=90%蓄積するとは、私たちにとって朗報ですよね。

つまり、学びを確実に記憶するためには、必ず教える必要性があるのです。

したがって、ユダヤでは学んだことは48時間以内に他人に教えます。そうしなければ蓄積率は20%程度になってしまい、学んだ時間が無駄になってしまいます。

ユダヤの子供たちは、放課後帰宅すると、当たり前にする習慣があります。

それは、「家族へ教える」ということです。学校で学んだことを親や兄弟などの家族へ報告するのです。

そのような習慣のない日本人にとっては、子供たちの宿題が増えたようで、かわいそうに思われるかもしれません。

しかし、習慣とは不思議なもので、それほど面倒ではないのです。

こうして48時間以内に教えることで、学びの90%が記憶に残ります。これを毎日積み重ねることで、将来、どれほどの差が生まれるか、想像にかたくないでしょう。

 

ここで教育者の観点から言わせてみると、家族内の日々のコミュニケーションができていないということが、実はこういった学校の成績と結びついていたのです。

Apply(応用)

とは、Studyで書いた行動を実践することです。つまり、学んだことを実際の行動にうつします。

学んだことをTeachで知識が身に付き、知識が実際にApply行動することで、経験が身に付きます。知識があることと、経験があることではまったく異なります。身をもって学ぶこと、つまり実践を重ねることで、習慣が身に付きます。そして、習慣の連続で結果が変わり、人生が変わるのです。

Review&Report(復習と報告)

とは、随時、第三者へ報告することで、常に見られているという意識を養い、自分を律することができます。友達同士集まって、お互いに勉強の内容や進捗状況を報告しあう場面を思い出してください。

 

周りと明らかに差がつくユダヤの教育

以上は序章です。ここまで読んで、ここから先のユダヤの教えを知らないと、一生後悔いするとともに、中途半端な負の教育の連鎖をあなたが作り上げていくことになってしまいます。

ユダヤのプログラムの価値はわかっていただけたと思いますが、国内で独占契約しているこのプログラムiroas(イロアス)でしか学ぶことはできません。

国内で唯一の教育改革プログラムiroas(イロアス)に参加することで、そのすべてを手に入れることができ、あなたは、あなた自身だけではなく、あなたの子供、孫、ひ孫、と、正の教育を引き継いでいくことができるようになるのです。

子供たちが自分から意欲的に学ぶようになり、ひらめきの連続で、子供を中心に毎日が楽しくなる、そんな家族の生活を思い描いてみてください。

また、子供の将来への投資だと自分に言い聞かせ、進学塾に年間60万円以上の金額を支払い、結果ドブに捨てたのと同じようになることもなくなります。

 

最後に、こちらの動画を見て、確信を深めてから、教育改革プログラムに参加する意思を表明してください!

教育改革プログラムiroas(イロアス)に参加し、

子供たちの未来を守りたい方はこちらをクリック

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
tasukuism

tasukuism

保育士 兼 経理認可保育所
 こんにちは!保育業界に十数年勤務し、三児の父でもあります。保育士資格を有し、数百人の子どもの成長を見てきた中でそれなりの知識を保有していますが、あくまで男性目線にこだわった情報発信ですので、不快なこともあるかもしれません。経営力についてはコンサルティングできるレベルだと自負しております。もし内容が面白かったら、是非イイネ!等よろしくお願いします☆相互フォロー◎コメントには必ず反応します笑
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自信が無くなっている保育士の方へ(つд、)

こちらの記事をお読みください

保育園への就職や転職。保育士の理想と現実があまりに違っていた

あわせて読みたい関連記事

  コメント欄

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。