一人っ子って性格悪くなる?特徴はわがまま。かわいそうという見方も。

この記事は2分で読めます

 ちょっとYahoo!知恵袋に「どう考えても釣りでしょΨ(`∇´)Ψ」っていう質問が投稿されたのですが、

内容を読むと、「いや、実際にこの手の問題に関わったことあるな」と、共感してしまい、本気で回答したので、それを載せます笑

スポンサーリンク

 まずは、質問の内容はこちらです。

    手をかけた手厚い育児。
小6の息子と小1の娘がいる母親です。
うちは、生まれた時から手をかけた手厚い育児をしてきました。
泣いたら必ずダッコ。
座りダッコで無理ならひたすら立ってダ

ッコ。
家事をしていても、食事を食べていても
泣いたら必ずダッコ。
だから、家事も食事もままならず。
家は散らかり放題に。
着替えも保育所の準備もすべてやってあげていました。
今は学校の準備は私がしています。
日々の時間割りや持っていくものの準備。
出来てなかったらかなり子供たちがキレます。
忘れ物をしていたら、仕事抜け出して届けています。
毎日の着替えもすべて私が揃えて
息子の修学旅行の荷造りも私がやりました。
子供たちが可愛くて仕方なくて甘えさせてしまってます。
何も自分ではしません。
大切に大切に育てているつもりです。

なのに、義理姉にはいつも私のやり方を鼻で笑われます。
何にも出来ない子扱いをされてます。
義理姉は、すべて子供にやらせているみたい。
忘れ物も専業なのに届けないし、
部屋の片付けも学校の用意も上履き洗いもすべて子供がしているとか。
わたしは、もっと手をかけてあげたらいいのにと不思議だし不憫です。
用意が出来てないなら、子供が自主的に朝起きてからやったりするみたい。
朝の服の用意も子供が自分でやるとか信じられません。

ひとりっこなのに、手をかけて貰えず可哀想。
ただでさえ、ひとりっこは可哀想なのに。
時間あるならやってあげたらいいのに。

みなさん、どのくらい
手をかけて育てていますか?

これに対して自分の回答はこちらです。

父親+保育士です。

お母さんの教育が最初から間違っていると言っている方もおられますが、
自分は100%否定するつもりはありません。

自分が大切にされたから、他者を大切にするという考えもあるからです。

子供がどこで自立に向かうかは、その子その子のタイミングがあり、
必ずしも手遅れなどということはありません。

児童相談所のケースを見ても、
愛しされすぎて児相に来たケースなど、10年で一度も見たことがありません。

中学校にいくと、少しずつ親から離れ、子供集団を築いてくるかと思います。
また、反抗期も出てくると思います。

そんな時、深く落ち込まないようにしてください。
そういう時期が必要なのも事実ですので。


ただ、一点。これは間違いだということを指摘させてください。

それは、
ひとりっこは「可哀想」という気持ちは捨ててください。
子供一人を産むというのは、お母さんもわかってらっしゃるかと思いますが、
自分の命を懸けて出産をします。
いろいろな事情があり、結果としてひとりっこの家庭もあります。
それぞれの家庭の事情を、憶測で見下すのはやめるべきだと思います。

スポンサーリンク

60を超える多数の回答の中から、投票でベストアンサーに選ばれました。投票された方、ありがとうございます!

 

 内容は釣りなんですよ。

何回読んでも釣りなんですけど、実は保育所に入所されている保護者の中で、一人っ子でものすごく悩んでいた方がいて、

その内容とほぼほぼマッチしてたので回答したのです。

 

 質問はアレですが、回答はまじ回答ですので、何かの参考になれば幸いですm(_ _)m

 

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
tasukuism

tasukuism

保育士 兼 経理認可保育所
 こんにちは!保育業界に十数年勤務し、三児の父でもあります。保育士資格を有し、数百人の子どもの成長を見てきた中でそれなりの知識を保有していますが、あくまで男性目線にこだわった情報発信ですので、不快なこともあるかもしれません。経営力についてはコンサルティングできるレベルだと自負しております。もし内容が面白かったら、是非イイネ!等よろしくお願いします☆相互フォロー◎コメントには必ず反応します笑
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自信が無くなっている保育士の方へ(つд、)

こちらの記事をお読みください

保育園への就職や転職。保育士の理想と現実があまりに違っていた

あわせて読みたい関連記事

  コメント欄

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。