パパに赤ちゃんと留守番してほしい☆(パパ目線)

この記事は3分で読めます

rusuban

 

 まず、留守番時、一番パニくるのは、赤ちゃんが泣き止まないことですヽ(;・ー・)ノ

抱っこしても、ゆらゆらしても、走り回っても笑、泣き止まない・・!どうしよう!!ってなります。

 

そこで、2~3時間の留守番を頼むときは、

・紙おむつを新品ではかせる

・粉ミルクの場合は、哺乳瓶に粉を入れておく

→泣き始めたら、熱湯を半分注いで、水を半分注げば、1分で飲ませられる温度にできます

・冷凍母乳の場合は、電気ケトルに水を適量入れておく

→泣き始めたら、熱湯を鍋に入れ、冷凍母乳を動かしながら解凍すれば、2分くらいで飲ませられる温度にできます

スポンサーリンク

後は、パパに一言

「泣いたら、とりあえずミルクを与えてみて!熱くし過ぎなければ多少ぬるくても大丈夫!いってきま~す!」

 

こんなくらいでいいです笑

 

紙おむつなんて、正直無理に替えなくても大丈夫なものです。

ただ、お腹がすいた要求にはどうしても応えなければいけません。

 

それ以外は、「お母さんといっしょ」とか「いないいないばぁ」など、一緒にテレビを見ていればいいでしょう(´∀`)

テレビへの集中力は魔力のようなものを感じます笑

子育てツールとして、なくてはならないものになっていますヽ(´ー`)ノ

スポンサーリンク

大事なことは、

ママと同じレベルを求めない、求めようとしないことです!

 

育休中でずっと子どもと一緒にいるママと、大抵は日中仕事しているパパでは経験値が違いすぎます。

 

こなしていけば留守番なんて余裕になりますが、最初は変なプレッシャーは無用です。

 

やりたいようにやらせてあげるのが一番だと、自分は考えます☆

 

 

この記事が夫婦感のイライラの中和剤になれば幸いですm(_ _)m

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
tasukuism

tasukuism

保育士 兼 経理認可保育所
 こんにちは!保育業界に十数年勤務し、三児の父でもあります。保育士資格を有し、数百人の子どもの成長を見てきた中でそれなりの知識を保有していますが、あくまで男性目線にこだわった情報発信ですので、不快なこともあるかもしれません。経営力についてはコンサルティングできるレベルだと自負しております。もし内容が面白かったら、是非イイネ!等よろしくお願いします☆相互フォロー◎コメントには必ず反応します笑

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自信が無くなっている保育士の方へ(つд、)

こちらの記事をお読みください

保育園への就職や転職。保育士の理想と現実があまりに違っていた

あわせて読みたい関連記事

ページ: 1 2

  コメント欄

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。